天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

DevOpsDays Tokyo2022で登壇できることになりました

DevOpsDays Tokyo2022に出したプロポーザルがアクセプトされ、登壇できることになりました!

confengine.com

aki-m.hatenadiary.com

登壇するにあたって

前回プロポーザルを出した報告ブログでも少し書きましたが、今回のプロポーザルは、きょんさんをはじめとした分散アジャイルチームの皆さんに多大なるお力添えをいただくことができました。
今回は実際に原稿を作って、フィードバックをもらってからプロポーザルに起こして、というのを繰り返していたのですが、このフィードバックがあったことが採択に至ったと思います。
本当にどうもありがとうございました。

登壇にあたって楽しみなこと

今までスクラムアジャイル系のカンファレンスには参加したり登壇したりしてきましたが、今回は少し毛色が違う*1カンファレンスということで、自分自身これまでとはまた違った貴重な経験ができるのかな、と期待をしています。

これまでの自分のキャリアをふりかえるような発表になっていくのかな、と思うので、発表準備の過程で、何かしら学びがあるのではないかな、というのもワクワクしている要素の一つです。

また、そもそもカンファレンス自体が初参加になるので、カンファレンス参加できることが純粋に楽しみです。
ギャザリングするような場ができるのかなと思っていますし、今まで話したことがないような人たちと交流があるのかな、というのも純粋に楽しみです。

おわりに

たくさんのlikeをいただけて、こうして登壇できることになったのが非常に嬉しいです。(likeをいただけた人たちも、これまでとは全然違う人たちが多くいたので、それも嬉しかったです)
いつも通りできる限りの準備をして、当日は楽しんで発表をしてこようと思います。

*1:アジャイルの影響も受けてはいますが