天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

【製造業アジャイル勉強会】オンラインOSTに参加してきた

beyond-hardware-agile.connpass.com

今日は久しぶりの製造業アジャイルのイベントに参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

コンセプトとストーリー(仕様)の間をどう埋めるか

「DXでお洒落にやるんだ」「DXで皆を幸せにするんだ」というコンセプトだけ抱えている部門と、実際に動くモノを仕様決めて作りたいけど上は言葉だけで何を言っているか分からないし...という部門があった時、皆さんならどのようにアプローチをしていくか、というお話をしていきました。

「まずは試しにやって見せてみて皆のフィードバックを探る」という作戦は関係性づくりの一歩となるのでファーストステップとして有力*1だけど、ただやってみせて感想をください、とする場合は要求をひたすら押し付けられたり批難をされて終わる可能性もあるので、そこは注意した方が良いという話がありました。
具体的には、フィードバックをもらうにしても、まずは関係性づくりのためにポジティブなフィードバック*2をもらうところから始めて、その内クリティカルな話もできるようにしていくという進め方がいいんじゃないかというお話でした。

また、対管理職という意味だと、新しいものを作るにしても新しい取り組みをするにしても、自分(管理職)が知らない情報ややり方をいきなり提示されるのには抵抗がある人が多いので、チープなものでも事前にやって見せておいたり、情報を教えておいたりすることも重要だったりする、というお話を伺うことができました。

工場関係者が多いので資料作成するのが辛い

続いて、日常業務で資料作成をかなりの時間割いているが、正直あんまりやりたくないので辛い、という話をしていきました。

まず、資料作成を、自分から見てあまり働いていない人だったり、他に代わりにやってくれる人を探すというのがいいのではないか、というお話が挙がりました。
資料を作るのが好き、という人は一定数いるので、自分自身のストレス発散に使えるのはいいよね、という話でした。

次に、ある程度お偉いさんとかを連れてきて、その人の前で直接説明をしてフィードバックをもらうことで、何人もに説明する手間を省くという手がある、というお話が出てきました。
お偉いさんに限らない話ですが、巻き込む時は無邪気に巻き込みをするのが大事で、自分のキャラ作りをしていけるといいかも、というのも大事だよねという話が出ていました。

その他にも生々しい参加者各々の現場資料作り事情について聴くことができてとっても楽しい時間でした

雑談

木曜日の話、スクフェス三河の話、自分が今度のRSGTで初めてオンサイトで参加するという話、皆さんのカンファレンス遍歴の話、木曜日のメンバーがカンファレンスへのプロポーザルラッシュになっていてすごいという話、きょんさんのセッションの話...をしていきました。

他のレーンの話も面白そうだったのですが、OSTらしく自由気ままにその場を楽しむことができて、満足でした。

全体を通した感想

前半はがっつりと生々しい相談(心のNDAを結ぶような内容もありました笑)を聴けて、後半はゆるりと雑談することができて、ちょうどよいバランス感で楽しむことができました!

*1:実際にやって見せることで、具体的なイメージが湧いたり、相手の困りごとを少し解決して感謝される効果がある

*2:ただし、ただありがとうと言われるだけになるのはNG

大人のソフトウェアテスト雑談会 #73【行楽シーズン】に参加してきた

ost-zatu.connpass.com

今日もテストの街葛飾に参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

自己紹介

今日は初参加のアンドレアさんがいらっしゃったので、自己紹介をまずはしていきました。
めっちゃ真面目な自己紹介をしてしまいましたが、ここがテストの街葛飾だということを忘れていて、おおひらさんにフォローしてもらいました笑

コミュニティの紹介

アンドレアさんがアジャイルスクラムの勉強をコミュニティでしたい(=実践経験がまだないのでそれを補えるような会を知りたい)ということで、コミュニティに偏在している経験を活かして幾つかのコミュニティを紹介していきました。

distributed-agile-team.connpass.com

retrospective.connpass.com

agile-studio.connpass.com

smn.connpass.com

agiletechexpo.connpass.com

コミュニティデザインの話

オンラインになってコミュニティで知的勾配*1があるよね、という話で盛り上がっていきました。

良い意味でをつけるとなんでも大丈夫?

「良い意味で人に興味を持っていないよね」「良い意味でへたくそだよね」といった風に、「良い意味で」をつければ何でも良い意味になるんじゃないかという話をしていきました。

「良い意味で人に興味を持っていないよね」と言われたオンライン区長はあんまり喜んでいなかったので、そんなに効果はなさそうですw

1on1の話

すらすらすらと用意していた答えが出てきて、用意されていた感が分かったので辛かったという話から、良い1on1の話だったり、アンドレラさんから1on1で実際にした質問である、「動物で進化させたいと思う動物は何か?どんな進化をさせたいか?それはなぜか?」という質問がすごく良い!(用意されていることはないし、その人の価値観が分かるし、そこまで突拍子もない質問でもない)という話をしていきました。

その後は、1on1をする目的が何か?というのを考えるために、「1on1をしないと何が起こるのか?」というのを考えてみるという話になり、実際にやられている1on1で、1on1する側とされる側で1on1をする目的について合意を取ったりすると良いのでは?という話が出てきました。

話の最後には、オンライン区長とオンライン区長の部長との1on1と、二人の関係性の話を聴いて、参加者の皆さんが想うことをそれぞれコメントしていきました。

全体を通した感想

今日は多少ふざけた話はありつつも、1on1を中心に、いつもに増して真面目な話が多い会で楽しかったです。

特に、硬直している1on1の修復の話は今後参考になる機会が多くなりそうだなあと思いました!

*1:コミュニティに参加しているユーザーは、誰かの話を聴くというのではなく、気軽に話せればいいなーという話でした。相互で雑談したい気持ちが強いけど、一方的な知識の提供がされているのが現状だよね、という話

コミュニティに1年くらい参加してみて起きた変化

Twitterの1年記念日通知が来て気が付いたのですが、コミュニティに参加し出して1年くらいが経ったようです。*1

そこで、コミュニティに参加して起きた変化を思いつくままに書いてみようと思います。

触れられる情報の量・質が上がった

何かの分野を勉強している時に、その分野に関わる情報だけではなく関連分野の情報を知ることができるようになりました。
単純にアクセスできる情報の量が多くなったというのもありますし、質も上がった気がしています。
元々、その分野に関してよく売れている本やview数が多い記事を読むことが多かったのですが、意外と間違えが多くあることを知れました。また、当たり前だと思っていた仕組みでも、なぜそのような仕組みになっているのか、その仕組みに至るまでどのような変遷があったのか、その仕組みはどのようなコンテキストで語られているのか...を知ることができるようになりました。

相談する相手が増えた

困った時に、ふらっと相談することができる人が増えました。
会社の人だったり友人だったりにも相談はできるのですが、専門分野が違う人や、会社にはいないタイプの人が多くコミュニティには存在するので、非常に心強いです。

困った時にロールプレイできる選択肢が増えた

自分は何か困った時に、あの人ならどういう答えを出すだろう...とよく妄想するのですが、この「あの人」が何人も増えました。
勿論「あの人」を完璧にコピーできるわけではありませんが、全然今までは捉えられなかった視点で見ることができたり、何が何だか分からない時に持てる選択肢が増えたことで不安が緩和されて、よりチャレンジングなアクションが起こせたり、という変化が起きました。

楽しく学べるようになった

自分一人ではなく、皆さんと一緒に学ぶことができるようになったことで、学ぶことが以前よりも楽しくなりました。
単純に人数が多いので一緒に何かをできている感じがあって楽しいという側面もありますし、異なる視点を取り入れられることで、今まで自分の理解しかなかった所に他者の視点が入ってくるのが楽しいという側面もあります。

刺激をもらえるようになった

コミュニティに参加する人はモチベーションが高い方が多いということもあり、とてつもない努力をされている方々から刺激をもらえるようになりました。
公の場で何かを話すことに苦手意識が強かった自分が、カンファレンスで発表する勇気がもらえたのはこの刺激が大きいな、と思っています。

おまけ~これから起こしたい変化~

これからの1年は、徐々に自分が考えたことやコミュニティで得たことを実践して思ったことを発信する機会を増やしていきたいです。
既に、アジャイル系のカンファレンスでプロポーザルを出してみたりと、少しずつ発信はしているのですが、もっと頻度も上げていきたいですし、話す内容もより皆さんが楽しめたり参考になる話ができるようになりたいなあ、と漠然と思っています。

*1:コミュニティに参加し始めたタイミングで、(最初はアカウント登録とかを簡単にするためだけに)Twitterを始めました

スクフェス札幌にプロポーザルを出した

スクフェス三河の準備がまだまだ道半ばな所ですが、スクフェス札幌にもプロポーザルを出しました!

https://confengine.com/conferences/scrum-fest-sapporo-2021/proposal/16056

プロポーザルを出した理由

実は、スクフェス札幌にはプロポーザルを絶対に出したいと元々思っていました。理由は以下の2つです。

昨年のスクフェス札幌が最高だった

昨年自分がコミュニティに参加し始めた時にスクフェス札幌の存在を教えてもらって、締め切り超ギリギリに申し込みをして参加したのですが、これが本当に最高で、コミュニティ活動を続けていく大きなモチベーションになりました。*1

そのため、参加者としての貢献は勿論ですが、登壇者としてもスクフェス札幌に貢献したいなあという気持ちを持っていました。

アジャイル札幌の皆さんの存在

自分はイベントがオンラインになってからコミュニティ活動をするようになったということもあって、コミュニティ活動で見かける人とは対面でお会いしたことがなく*2顔も知らない状態でずっと参加していました。
そんな自分がオンライン上で初めて顔を出してお話をしたのが、実はアジャイル札幌の皆さんでした。

オンラインで初めて顔を出して話したというのに加えて、話した内容がまた印象深くて、「仕事と人生の関係を話しつつ、これまでの人生と今後どういう人生を歩んでいきたいか」というのをその場にいた平鍋さんやアジャイル札幌の皆さんで一人一人語り、コメントし合うという形でその場では話をしていきました。
そこでアジャイル札幌の皆さんのやさしさや熱い想いに触れて、こんな想いを持って仕事をしたり人生を歩んでいる人がいるのか、ということに感動しました。

そんなわけで、スクフェス札幌では優しい札幌の皆さんに何かしら届けられるような話をしたいなあと思っており、今回のプロポーザルを出すに至りました。

aki-m.hatenadiary.com

テーマについて

分散アジャイルチームの会で考えてもらったテーマを改良して出しました。

aki-m.hatenadiary.com

この会では、何か生物学とか進化論を絡めて、対人関係で辛いことがあった時に立ち直る方法みたいなのを話せると面白いかも、という案をもらったので、これを自分なりにどういう風に発表できるかなあと考えた結果、今回のテーマに至りました。

他にも幾つかテーマ案は出してもらっていたのですが、このテーマにしたのは、このテーマが一番自分の気持ちが乗りそうだなあと思ったからです。

生物学や進化論を学び始めたのはここ半年くらいですが、学んで良かったと思うことが多く、対人関係で辛いことがあっても立ち直るきっかけをくれたり、たくさんのことが楽しめるようになったり、現実を受け入れられるようになって、充実した日々を過ごせることに寄与してくれている実感があることが、気持ちが乗りそうだと感じている理由です。

ちなみに、進化心理学に出会ったのは、自分があまり楽しむ、ということができずに困っていた時に、きょんさんからもらったコメント(自己欺瞞には楽しいと思い込むことも含め、色々な性質があることを教えてもらった)がきっかけでした。

f:id:aki_M:20210919231902p:plain

f:id:aki_M:20210919234055p:plain

タイトルについて

タイトルには相当悩んだのですが、最終的にはなんかふざけたタイトルになりましたw
最初は結構真面目なタイトルも考えていたのですが、どうしても自分が伝えたいニュアンス*3からずれたタイトルになてしまう懸念があり、なんかもっと気軽に聴いてもらえて、今後非難された時に重く受け止めなくてもいいようになるセッション名がいいなあと思い、このタイトルになりました。(特に、非難する人=悪みたいな感じになってしまう感じがなるべく出ないようにしたかったというのがあります)

これまで固い感じの発表も多かったので、今回は少し笑えるような発表をしてみたい(少しスタイルが違う発表をしてみたい)という気持ちも、ややふざけた方向のタイトルに傾くきっかけになりました。

おわりに

スクフェス札幌は倍率も高そうで、採択されるかがそもそも怪しいので、少しでも気になったら是非likeをしてもらえるととっても嬉しいです!

採択されたら、参加者の皆さんが少しでも楽しんだり学んだりしてもらえるような発表になるように、精一杯頑張りたいと思います!

*1:特に島田さんの基調講演が最高でした

*2:これは現在進行形

*3:人が非建設的な非難をしてきても、人間の性質から考えれば自然なのでしょうがない

XP祭りに参加してきた

xpjug.connpass.com

xpjug.com

午後からの参加になってしまい、大盛り上がりだったkeynoteを中心とした前半戦を聞き逃してしまった後悔はありますが、XP祭りに参加したので後半戦に参加した会の様子と感想を書いていこうと思います。

「問題ばかり! なのに問題解決なんも分からん!」 仕組みと働きでまるっと分かる問題解決!

https://confengine.com/conferences/xp2021/proposal/15808

森さんの最新作を聴いていきました。
300ページを超える資料を45分で話す発表ということで情報盛りだくさんでしたが、問題解決をするために、問題空間という考え方の紹介から始まり、難易度の高い問題とはどのような性質を持っていると言えるのか?問題解決の先に見えている世界について誤解しているのではないか?といったお話がありました。
最後はONYさん(起きていること、望んでいること、やってみること)とONEさん(起きていること、望んでいること、いい感じになりそうなこと)と一緒に問題解決をしましょうという森さんの3文字英語芸風wで終わるという流れでした。

日常的に自分たちが仕事で行っている問題解決という行為の解像度を上げつつ、最後は明日からできる一歩を提示してくれる、素晴らしいセッションでした。

ソフトウェア見積の公式

https://confengine.com/conferences/xp2021/proposal/15585

自分がちょうど見積する仕事を多く最近やっていたこともあって、伊藤さんのお話を聴きました。

見積もりに関する定跡を丁寧に解説してくれた上で、実際に伊藤さんが経験したプロジェクトのデータや進め方の様子を紹介してくれて、知識のいい整理ができる発表になりました。

理想的には~だけど、~という制約があったり~が起きることが多いので、現実解としては~しましょう、という形で実際の落としどころを紹介してくれたり、そもそも見積って何のためにやっているのものでどういう性質があるものか、という話をしてくれたのが個人的には特に良かったです。

XPの幾何学的構造

https://confengine.com/conferences/xp2021/proposal/15493/xp

ビブリオバトルとどちらを見るか悩みましたが、インタラクティブ性がよりありそうなきょんさんのセッションを見ることにしました。
XPとアレグザンダーの共通性や、タイトルの通りXPの幾何学的構造を考えた上で、XPに対しての提案をするということで、XPの価値・原則・プラクティスに対してミラーテストをしたりと、XPもアレグザンダーも大好きな自分にとって最高のセッションでした。

やっぱりXPのミラーテストが面白かったのと、XPから派生した話で、1on1がセミラティスになっていて面白いという考え方が、これまで全然考えたことのないものの見方だったので、新しい視点が自分の中に生まれて面白かったです。

また、途中からはトークのスピード、声の熱量、そして話に夢中になった結果、(Discordにきょんさんが反応してくれるという)インタラクティブ性が失われていく感じが最高でしたw

LT祭り

XP祭り名物と噂の、強制的に5分で銅鑼が鳴るLT会ということで、強制的に終わる発表がないかというのを楽しみにしていたのですが、強制的に銅鑼が鳴らされるセッションは一つもありませんでした

バリエーション豊かなLTが心地よいテンポで聴けて楽しかったですし、どのLTも発表者の皆さんが個性を存分に発揮されていて、超濃厚な60分間を過ごすことができました。

内容は勿論ですが、発表者の皆さんも、参加者の皆さんも楽しまれている様子が見れたのがとても良くて、最高でした。

全体を通した感想

後半戦からの参加になってしまいましたが、発表もLT会も存分に楽しむことができました。運営の皆さん、登壇者の皆さん、参加者の皆さん、どうもありがとうございました。

これまで参加してきたカンファレンスと比べても、参加人数も盛り上がりも凄くて、無料で参加できるカンファレンスだったというのが信じられないコンテンツでした。(これを20年間無料で続けているという所にXP感を勝手に感じましたw)

また来年も参加したいと思います!

「社内勉強会について相談する会」に参加してきた

distributed-agile-team.connpass.com

今週は分散アジャイルチームの特別会(?)に参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

「エンプラ業界でアジャイルになるためのプラクティスとか、社内/社外勉強会とか」のPodcastを聴く

fukabori.fm

こちらを聴いていきました。以下のような感想が挙がっていました。

  • グレーのものの悩ましさ…ありますよね…聞くと絶対なんかいろいろいわれるからメンドクサイんだけど、言わないとあとでもっとつらい…
  • モブやってると煩いのはわかる
  • さわがしいのダメな人といい人がいるから難しいですよね。かといって会議室とるってやると腰が重い
  • 会議室が取れなくて会議ができないとかほんとストレスだったなぁ。。。
  • でもたまには会わないと関係性構築難しい人もいるから、バランス難しい…
  • 標準化しがち
  • 過去の仕様書が全てHOWでWHYがなにもないっていうのはよくある笑
  • 標準化されてると楽ですよね。思考停止しちゃうことあるけど
  • 生き字引w
  • やめることを決めるってなかなかできないですよねえ…
  • 確かに、絶対やっちゃいけないことだけ教えてくれっていつも思っている
  • 良い人を助けるためのガイドラインと、悪いこと考える人をけん制するためのルールって、バランスむずかしそう…
  • 意味はないけど人を介在させるのわからない。。。
  • 「他でこういうのやっててよかったらしいんだけどやってみない?」だと確かにチームも受け入れてくれる率が上がりますねー
  • わかります…命令でこさせるとイマイチな空気になってしまう
  • 燃えてるピークの熱で「絶対やる」とか決めると自分たちで自分たちの首を絞めて続けるのつらくなるときもありますよねw
  • 交流とかはせず自習とかでやってきてるタイプの人にはなんかうまく伝えられないなーって気がします
  • ゆうすけさんの話を思いだした
  • 出島の成功事例をどう本島に展開するんだろう
  • 内製がデファクトではない、か

OST

スクフェス札幌のプロポーザルのアドバイスが欲しい!

Arisaさんのプロポーザルを皆で身ながら、感想を言っていくという会をしていきました。
Arisaさんの話自体がめちゃくちゃいい話で聞き入っていましたが、いい話だなあと思っていた所をきょんさんを中心とした参加メンバーが見事に引き出していて、ゆったりと心地よい時間が流れている感じが勝手にしていました。

また、きょんさんをはじめとした参加者の皆さんがプロポーザルのタイトル案や、魅力あるタイトル付けのコツみたいな話をしていたのは、学びが多かったです。

Arisaさんが受けていたアドバイスとあんまり関係ないですが、自分は今のプロポーザルの書き方だと、共感ポイントを探し過ぎて、聞けて良かった!みたいな話にならないような気がしたので、そこに注意しなきゃなあという反省ができました。

勉強会のモチベーションについて語りたい

参加者の皆さんから、多種多様な意見が出ていました。

  • 誰かと学ぶのが最強だと感じるから
  • 一緒に何かするのが楽しいから
  • 仲間とやると挫けにくいから
  • ひとりだとやらないから
  • 知識が増幅するから(自分が気づかなかったところに気付かされる)
  • ひとりだと学んだものの受け止め方がなんか浅くなっちゃうから
  • 職場での会だと、みんながレベルアップすると働く時自分ももっと楽しく働けそうだから
  • 美味しいものも楽しいこともシェアしたい派だから
  • 1人で読んでると、「うんうんわかる、そうねー」って流しちゃうところが実は大事だったりして、それを勉強会で知ることが多いから
  • 勉強会をすると対人交流的記憶が育まれて自己効力感が増す感じがあるから

自分は純粋に楽しいから勉強会しているのですが、それ以外のモチベーションを聴くことができて、実際に勉強会している人の話が聴けたりして、これまた最高の時間でした。

OSTの後半は、勉強のスピードを周りに合わせられないとストレスじゃないか?とか、本の読み方の話についてとか普段自分が使わないようにしている言葉の話とかをおおひらさんと二人で雑談できて、自分は楽しかったです*1

全体を通した感想

勉強会の話を中心に色々な話を聴けたし、雑談ができて、自分が当たり前だと思っていたことがドメインならでは?の話だったことも分かったので、視野が広くなったという意味でこれもよかったです。

とりあえず、スクフェス札幌のプロポーザル、何かいいものができないか試行錯誤してみます!

*1:他の人が楽しいのかは不明でしたがw

「プロダクトマネジャー育成を組織戦略として実行するコツ」に参加してきた

exawizards.connpass.com

今日はこちらのイベントに参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

会の様子

及川さんのプレゼンテーション

プロダクトマネージャーはスーパーマンや究極のゼネラリストと捉えられるけど、及川さんとしてはスーパーマンであることは重要ではなく、組織を率いて、多数の力を合わせていくことが大切だと考えているとお話がありました。

また、プロダクトマネージャーの育成という意味では、ビジネス・テクノロジー・UXの3分野を学ぶと共に、(イベント後半へのつなぎという意味もあって抽象度が高めな話という前置きもあった上で)無人島で生き残る術を身に着けるイメージを持つといいのではないか?というお話がありました。

DIA for PM(プロダクトマネージャーアセスメントサービス)の紹介

PM=プロダクトマネージャーと当たり前になるような世界を目指したいという想いから作られたプロダクトということで、プロダクトマネージャーの素養やスキルを可視化することが可能だというお話でした。

宮尾さんのプレゼンテーション

プロダクトマネージャーの成長支援として、基礎力(知識やスキル)、実践力、マインドという3軸から支援をしているというお話がありました。

実践力の支援としては、チーム間や経験豊富なプロダクトマネージャーから学びを得てもらっていて、基礎力の支援としては、基本的には個人で勉強するものの、学習プログラムを用意しているというお話でした。

また、プロダクトマネージャーとしての力の計測としては、上で紹介があったDIA for PMを活用したということでした。
スキルを可視化することで、メンバーからのフィードバックがもらえるようになったり、ふりかえり会が活発な雰囲気で行われるようになったという話でした。

パネルディスカッション

無人島というメタファーの深堀り

無人島というメタファーが及川さんから冒頭であったので、これはどういう捉え方をすると良いのか、という話をしていきました。
無人島で生きろ(プロダクトをマネージしろ)といっても、無人島は多種多様なので、どの無人島でも使えるようなメタ的な力を身に着けることが、プロダクトマネジメントでは大事じゃないか、という捉え方をするといいのではないかというお話がありました。

プロダクトマネージャーが周りにいないがどうしたらいいのか

及川さんや宮尾さんから、他のプロダクトマネージャーから学ぶ意義が語られていたので、周りにプロダクトマネージャーがいない場合はどう勉強したらいいのか?というお話がありました。
組織が継続しているなら、プロダクトマネージャーという肩書を持っている人はいなくても、何かしらプロダクトマネージャーに必要な資質を学ぶことはできるのではないか?という話だったり、及川さんに研修を頼む!というお話がありました。

DIA for PMを使ったふりかえり会の雰囲気

空気としてはポジティブに行われたということで、個人にフォーカスがされ、「XXさんのXXってスキルはすごいね」といった風に、高いスキルに自然と注目がいったというお話でした。

プロダクトマネージャー視点で経営にして欲しいこと

経営陣がプロダクトマネージャーに歩み寄る(もちろんプロダクトマネージャーも経営陣に歩み寄る)努力をして欲しいということでした。
エンジニアリングだったりプロダクトに対する興味だったりを持ってくれるとありがたいというお話でした。

全体を通した感想

及川さんの話が聴けるということで参加してみて、実際に初めて及川さんの生の言葉を聞くことができたので、満足しました。
プロダクトマネージャーになるために必要だと登壇者が考えているマインドやスキル、実際に育成のために実践されている例というのを聴くことができて良かったです。