天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます(たまに関係ない雑記も)

スクラムフェス金沢で登壇してきた

confengine.com

タイトルの通り、スクラムフェス金沢で登壇をしてきたのでそのふりかえりです。(資料は後日挙げます)

発表準備

〜3週間

RSGTで話そうと思っていた内容のコピーだったので、取っ掛かりは大分しやすく、最初は順調に準備が進んでいきました。
具体的には、1か月前にはスライドもでき、これは大分安心して当日を迎えられそうだと思いました。

しかし、今回は運営をやっていたということもあって、発表を通しで練習したときに、これってスクラムフェス金沢で求められるセッションなんだろうか...?という疑問がいつも以上にひしひしと湧いてきました。
普段は、「とはいえAcceptしてもらったし元々の構成に沿った形であるならばOK」となるのですが、自分の場合Acceptになった経緯(自分のプロポーザルの場合はあんまり中身どうこうを見てというわけではない)を知っていますし、RSGTの成り行きでlikeを押してくれた方も多くいらっしゃる(=スクラムフェス金沢に参加しないけれどlikeを推してくれた方も多くいらっしゃる)中であるならば、元の構成を変更してでもスクラムフェス金沢の趣旨に合わせる内容にしたほうがいいと思い、Abstractに書いた内容はほぼ何も変えずともOutlineに関しては大きく変えて臨むことを3週間前に決めました。

〜2週間

家族都合で2日間急に休みを取らなくてはいけない予定ができてしまったこともあって仕事がかなり忙し目だったことが原因で、ほとんど何もできませんでした。

最悪変更しなくてもいいかなあとも思うようになっていました。

〜1週間

変更できる時間が確保できたので、変更していきました。

ターゲット層をかなり初心者よりにしたので、key messageや話をする順番なども大分変えていったのですが、ここは当日の反応をみると正解だったかと思いました。
一方で、5,000回参加した人じゃないと言えないだろうと思っていた部分は削るのが躊躇され、あんまり流れとして繋がらない気もするなあという違和感はありつつも、全部削らずに断片的に入れました。
これは、結果的に内容の納得度に関わる部分だったので、今ひとつだったなあと思いました。

次に、当初想定したよりもかなりハードルが低い具体的な実行策を用意しましたが、ここに関しては逆に初心者の人にとって本当に有用な実行策になっているのか?というところがよく分からなかったです。あまりコミュニティに馴染みがない方にレビューとかをしてもらえればよかったなあと思いました。

また、RSGT2023の発表が手前味噌ながら結構評判がよくて、未だに色々なところで参照しているという話を聴くので、発表のテイストや根拠の肉付けの仕方を寄せたのですが、これは思いつきで実行してしまった感じが今思うとあります(参加者層も違うので、前回評判が良いことは今回の発表で同じスタイルを採用する強い理由にはならない)

〜当日

家族が手足口病になってしまったので時間がまったくなく、そのまま修正後の内容を放置していてほとんど何もできませんでした。

リハーサルも簡単に何回かやりましたが、時間内に収まりそうだからいいかな?くらいしか自分の中で感想がなく、惰性で行ったような印象がありました。

発表中

スタッフでずっと気を張っていたからなのか会場の雰囲気があたたかったからなのか分かりませんが、普段の発表に比べると1/10くらいしか緊張しませんでした。

ただ、なんか繋がっていないようなもやもやを感じる箇所もあり、どこかで補足説明を入れないといけない気がするなあとか、会場にかなり人がいるけれど最初のエクササイズ?のところでコメントが思ったよりも来ていないなあとか、サテライト会場の方も見てくれているっぽいけどコメントが全然ないなあとか余裕があったが故に色々なことが気になり、あんまり自分でも何を話していたのか覚えておらず、ちょっと録画を見るのが怖いです。

落ち着いて話せたり会場やDIscordの様子を見れたのはよかったのですが、もっと自分が話す内容に集中してもよかったのかな?というのと、余裕があって会場の様子が見れたことを一定想定して、発表内容を微修正するようなプランを用意しておいてもよかったのかな?というのは思いました。

発表後

OSTの中でセッションを取り上げてもらったりしたので一定皆さんのなかに刺さった話はあるのかなと思いました。

ただ、具体的にこういう風に行動変容できたみたいな話はなさそうだったので、ちょっと具体的な行動例が弱かったのかなとは感じました。

全体を通した感想

Target層の設定はめちゃくちゃ重要だというのを改めて実感する機会でした。

金沢らしい話ができたのかなとは思いつつ、なんか元々イメージしていた話とはずれていたので、これで良いのかな?という不安もあったりして、なんというかやや不完全燃焼感がある発表でした。

いつもよりも準備にかけた時間が大分短かったので、その影響も少なからずあるのかな?とは思っています。

スクラムフェス金沢Day1に参加してきた

いよいよスクラムフェス金沢の1日目が始まりました!ということで、本日はDay1の記録を書いていこうと思います。

www.scrumfestkanazawa.org

到着

家庭の事情もあってスタッフとしては大遅刻になってしまいましたが、到着したところスタッフのはずなのにスタッフでないkobaseさんに扇風機をいただいたりとおもてなし(??)をしていただきました。

16持前にはついたのですが既に一般参加の方が何人も受付されていて、早くこられる人は本当に早く来ているんだなあというのは、普段遅く参加しがちな自分にとって驚きでした。

受付

受付係を任されていたので、受付していました。

アプリ操作は結構責任重大だし大変なのかな...?と思っていたのですが、意外とさくっとできて覚えることも少なく、安心しました。
いろいろな方と話ができるチャンスでは?と思っていたのですが、実際のところ他のスタッフ(主にkobaseさん)がどんどん受付をしてくれていたので、そこまで仕事をする場面がありませんでした。

岡本さんと話す

最近自分のブログの記事が役に立ったという話を岡本さんがしてくれました。
大分前の記事だったのですが、たしかに稀少性は結構高い記事だったので、記録に残しておいてよかったなあと自分自身で思いました笑

オープニングトーク

飯久保さんとyanagiさんがナイスコンビネーションでオープニングトークをしてくれました。
Discordで開催宣言をyanagiさんがしているのを見たときは、当時自分が実行委員やりますと手を挙げたときのことを思い出してぐっとなりました。

そして、なぜか自分も緊張しました笑

岩間さんのkeynote

Discordを常に徘徊していたり、トラブル対応したりしていたので、あんまり集中して聴くことはできなかったのでもう一度聞き直そうとは思っていますが、2000年からDXやアジャイルに取り組み、これだけ多くの事例を出すことができるというのは素直にすごくて一番強烈に印象に残りました。
金融業界を長く経験しているからこそ凄みが分かる話(ATMの自作など)も多数あって、さらりと話しているけれどものすごい事例だなあと思って聞いていました。

そして、トップのコミットメントがものすごく大事だという話は杖村さんの存在が脳裏によぎり、すごく説得力がありました。

スポンサーセッション

橋本さんからScrumのお弁当箱のセッションを聴いていきました。

最初は飯テロを食らうのかな...と思っていましたが、あるあるな話から具体的に実践されている取り組みやチームの実際の様子をお伝えしてくれて、とてもよかったです。

スポンサー感がほとんどなく、純粋にチームで実践されていることを紹介してくれるセッションですごく素敵でした(もちろんスポンサーセッションなのでスポンサーの紹介をしていただくで全然良いのですが。。。)

ネットワーキング

運営ということもあって、どうしても周囲やスタッフの動き、Discordでなにかトラブルが起きていないかの監視をしてしまい、やはりいつもどおりのネットワーキングはできなかったのですが、その中でも石原さんと石原さんのお子さんとポケモントークをはじめとした雑談ができて、とても楽しかったです。

20:30までネットワーキングをして21時にバタバタと撤収と思っていたのですが、皆さんが飲み屋街に繰り出していく時間が想像以上に早く笑、かなりゆったりと後片付けができました。

あと、金沢と言えば!ということで運営の地元組の方が選んでくれた笹ずしはめちゃくちゃ美味しかったです。

全体を通した感想

まだスタッフ慣れしていないということもあるんだと思いますが、スタッフをしているとどうしてもいつものようにギャザリングを楽しむことはまだ難しいなあとは思いました。

改めてふりかえってみると、ちょっと色々気にしすぎたかなあという気もしたのと、スタッフが楽しんで参加できているのが何よりだと思うので、明日以降は気持ち的にはいつものカンファレンスくらいの感覚で参加しようと思います!(スタッフとしての動きも色々出てくると思うので結果的にそれでちょうど良いくらいになりそう)

いよいよ明日からスクラムフェス金沢ですね

タイトルの通り、スクラムフェス金沢が明日に迫ってきたので、今日はここまで運営をしてきて思ったことをつらつらと書いてみようと思います。

www.scrumfestkanazawa.org

スポンサーの皆さん参加者の皆さんへの感謝

スポンサーの皆さん、参加者の皆さんへの感謝をまずしたいです。

カンファレンスを自律的に運営できるようにするためには、当然お金が必要です。お金があって初めていろいろやりたいことができるのは当然のことではあるのですが、いざカンファレンスを開催しようとなると自律的に運営できるようなキャッシュフローを立てるのは想像以上に大変なことなんだと気が付かされました。

ただ、スクラムフェス金沢は多くのスポンサーの方々、そして1日で現地チケットを完売まで持っていってくれた参加者の皆さんのお陰で、カンファレンス運営中にお金が原因でなにかを諦めたり立ち止まることはありませんでした。(もちろんこれ費用大丈夫?と立ち止まって計算することは何度もありましたが)

初回のご祝儀という側面も一定はあったのかなと思いつつ、こうして無事にカンファレンス開催できるのは間違いなく皆さんのおかげです。どうもありがとうございました。

運営はやることが想像以上に多かった

他地域のスクラムフェスの運営を見ていると、わいわい楽しそうに計画をしてくれているなあという印象でしたが、裏には泥臭いけれど必要な作業がたくさんあったり、想像以上に考えないことが多かったりして、こんな大変だったんだというのが自分の正直な感想です。

今回の経験を通して、改めてRSGTやスクラムフェスの運営の方々には頭が上がらない想いです。自分も何かしらの形で、貢献し続けられたらなあと思っています。

地方スクラムフェスの意義

地方スクラムフェスが続々誕生する中、スクラムフェス金沢の色ってなんだろう?なんでスクラムフェス金沢を開催するんだろう?というのは、ずっと自分の中にあった想いでした。

しかし、いざカンファレンスをオープンしてみると、地元の方を中心に金沢に親近感のある方が多くいらっしゃり、プロポーザルに関しても今回初めてプロポーザルを書く地元の方がめちゃくちゃ多くてびっくりしました。

大義が分からず立ち止まるくらいなら大義を気にせず動いたほうがいいこともある、というのを今回の経験を通して感じました。

オンラインは大丈夫?

正直オンラインの体験をどのようにしてよくしていくのか?というのは最後まであまり解が出ませんでした。

現状オンラインチケットもそんなに売れていませんし(枚数だけ見ると売れてはいるもののサテライト参加の方も多い)、そもそもみなさんがオンライン参加のモチベーションがそこまでないのかな、とは思いつつも、プライベートな事情などでオンライン参加を余儀なくされる方や試しにまずはオンラインで参加するという方もいらっしゃると思うので、その方々のことはカンファレンス中常に頭に入れておきたいです。

いいカンファレンスになるのかな?という不安と参加してくれるみなさんへの信頼

明日に迫っていますが、どんなカンファレンスになるのかは自分たちもあまり予想できていないところがありますし、自分も含めて運営経験がまるでないメンバーも多くいるので、いいカンファレンスになるのだろうか?というのは素直に不安です。

ただ、参加してくれるみなさんがスクラムの価値基準に基づいて行動してくれれば、自分たちはただ場を用意するだけで勝手に最高のカンファレンスにしてくれるという超他人任せな思いもあり、そこまで心配していない自分もいます。

多くの皆さんにとって、来年もまた来ようと思ってもらえるようなカンファレンスになることを心から願っています。

オブジェクト指向のこころを読む会 Vol25に参加してきた

yr-camp.connpass.com

こちらのイベントに参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

ふりかえり

今日は本全体のふりかえりからしていきました。以下のような意見が挙がっていました。

  • 読みにくい(翻訳の問題というより原著が読みにくい)
  • 先に設計関連の本を読んでいたから読めた本であまり初心者におすすめできる感じはない
  • デザインパターンをいくつか知れたのがよかった(他の書籍だとあまり書かれていないデザインパターンもあった)
  • ディスカッションをすることで、自分の考えちょっと違かったな・みんなと同じだったなというのが知れた
  • 個々の本だけの考え方もいくつかあったので、思考の拡張になった
  • 言葉の誤用になってしまうかも知れない点には注意が必要だと思った
  • 分析マトリクスなど、他手法と比べて何がよいのか今ひとつわからないものがあった
  • ディスカッションのところで、コストや脅威のトレードオフなどについて話すことができた
  • 共通性/可変性分析とか分析マトリクスとかの話を見て、流動的なところにデザインパターンを適用していく重要性に気づいた
  • 設計とデザインパターンの関係について知れた
  • 問題がついていたので、輪読会がはかどった
  • メンバーの人数がちょうどよい
  • 1週間あたりに読む分量は少なめだったけれど読書会で話す
  • モデリングしたりプログラム書いたり脱線したのが楽しかった(ただし本があまり進まなくなった)

次回以降どうするか?

オブジェクト指向のこころを読み切ったので、次からはどうするか?という話をしていきました。

  • 関数型デザインを読んでいく
  • とりあえず1章ずつ読んでいく
  • 21:00-22:00でやる
  • connpassは今のタイトルをインクリメントする
  • 人はリファラルで増やす

ということだけ決まりました。

全体を通した感想

半年くらいで読み切り、無事にふりかえり会まで終えられたので非常によかったです。

会がどこに向かっていくのかよくわからないところが楽しみですw

大人のソフトウェアテスト雑談会 #221【うめぼし】に参加してきた

ost-zatu.connpass.com

今週もテストの街葛飾に行ってきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

手足口病

最近手足口病が流行っているのですが、見事に自分の家族が感染してしまい、スクラムフェス金沢が大ピンチだという話をしていきました。

なお、盲腸も流行っている??という話があり、身近な人が結構盲腸になっているということです。

話題の人

さすがにブログに書けないのですが、話題の人に関してまさかの情報が提供され、大分盛り上がり(??)ました。

川口さんに奢られるかどうか

自分は川口さんに奢られたことがないという話をしたところ、森さんやばやしさんは普通に奢ってもらったことがあるということで、これは川口さんに懐いているかどうかの違いだという話でまとまりました*1

忙しすぎたeroccoさん

スクラムフェス三河にeroccoさんがプロポーザルを出していたのですが、忙しすぎて中身をほぼ書かない状態で出したこともあって運営からすると選びにくいプロポーザルだったという話が出ていました。

confengine.com

名古屋と札幌

やまもとさんは家族で名古屋旅行を最近したそうですが、そこでeroccoさんと会えてすごく楽しかったという話をしていました。(ただ、やまもとさんの奥様からはもっとはしゃぐと思っていたと言われたそうです笑)

名古屋は札幌よりもたくさん見どころがあってよかったという話もされていましたが、それを聞いた札幌に由来のあるオンライン葛飾区民の方々*2が札幌の方がいいに決まっている!と謎の火がつき、名古屋にゆかりのある方々も交えて、札幌と名古屋の名所をひたすら挙げるという時間が訪れました。

全体を通した感想

今日は最初Ackyさんと厳しい1on1をしていたのですが、22:30頃になると人が一気に増えて、いろいろ書ける話書けない話が聞けて楽しかったです。

最近おおひらさんと区長に会っていない気はしますが、次回こそはあえることを信じて参加しようと思います。

*1:自分は森さんやきょんさんにばっかり話を聞こうとしているというボヤキを川口さんはしていたという話がありました笑

*2:自分も含む

XP祭り2024にプロポーザルを出した

XP祭り2024にプロポーザルを出したので、今日はその告知です。

内容気になる方がいれば、ぜひlikeをお願いします!

confengine.com

概要

とある勉強会をきっかけに、聞いたことや学んだことをひたすら文字に起こすようになった結果、およそ3年間で197,771,028文字の記録を取ることができました。

本セッションでは、文字を通して記録することで得られる効用を紹介しつつ、記録を取り続ける中で見つけた自分なりの記録のコツを記録を取る目的別にお伝えしたいと思います。

プロポーザルを出した理由

XP祭りでは、自分がエクストリームに取り組んでいることを毎年プロポーザルとして出しているので、今回も同じように出そうと思いました。

今年特にエクストリームにやっていることだと、運動や英語がまず思いついたのですが、どちらもあまりにもソフトウェア開発の文脈から遠いので、多少はソフトウェア開発の文脈に近い話が良いなあと思い、このブログを含む普段の自分の活動を支えている「記録」にフォーカスを当てて話をしてみようという考えに至り、こちらのプロポーザルを出しました。

発表でやりたいこと

タグにもあるように基本体にはお祭りなので、他の登壇機会と比べると参加者の行動変容に沿った内容というよりは発表を聞いてくれる人が面白いと感じるような内容で発表できたらいいなあとは思っています。

また、おそらく発表時点では200,000,000文字を超えていると思うのですが、これだけの文字数の記録をずっと溜め続けてきたモチベーションなどを話すことで、参加者が自分のペースで真似できるようになってくれるといいなあということも漠然とではありますが考えています。

スクラムフェス仙台で登壇できることになりました

confengine.com

発表の概要

■ 概要

本セッションでは、令和の学習指導要領の内容を紐解くことで、スクラムなどの知識を職場やコミュニティで広げようとしている方がより効果的に学びを伝えられるような場の形成方法や、個々人がそれぞれのペースで学びを促進するための勉強会の設計をお伝えします。

■ 詳細

学習指導要領は、文部科学省が作成する日本の小中高等学校における教育内容や目標を定めたガイドラインです。各教科の学習内容、指導方法、学年ごとの学習進度などが具体的に示されています。

日本の小中高等学校を対象にしたものですので、会社での学びとはあまり関係がなさそうな印象を持ちますが、少し中身を見てみると色々と興味深い内容が記載されています。

例えば、学習指導要領のタイトルとして『「生きる力 学びの、その先へ」』という言葉が記載されています。

また、学習指導要領本文の前文には育成を目指す児童生徒の姿について、以下のような記述があります。

> 一人一人の児童が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓ひらき,持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが求められる

このような内容は私たち社会人においても重要なものなので、学習指導要領が考える学習環境から職場での学びに活かせるものが何か学べるものがあるのではないかと考えました。

こうした資質を育むために注目されているのが、「個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実」です。これは、従来型の教室での一斉授業ではなく、ICTなどを活用して個別の指導を設計していく「個別最適な学び」と、学習者同士や地域の人など様々な他者と関わりながら学ぶ「協働的な学び」を同時に行うことで、主体的・対話的で深い学びの実現を目指すものです。詳しい内容を説明するものとして学習指導要領の趣旨の実現に向けた 個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に関する 参考資料という資料もあります。

当たり前ですが、興味関心を持つ内容は人によって異なります。どのように、どのくらいの時間かけて、学ぶと理解しやすいかも人によって異なります。個人個人に合った学びを行っていくことは重要ですが、コストがとても高くなります。つまり、従来型の一斉授業はあるべき学びの場というよりは、コストを考えて選ばれていたという側面もあるのです。こうした背景の中で、教員が前に立って説明する授業の進め方ではなく、ICTを活用して個々人が学びながら教員はそれをサポートするというような、これまでと違った教育の実践が行われています。

一方で、職場における学びでも同様に以下のような現実があります。

  • 個々人によって学びのスタイルは異なるが、全員に対して同じ手順でオンボーディングを実施する
  • 個々人で興味関心領域は異なるが、カリキュラムやキャリアパスをもとに全員に対して画一的な研修を実施する
  • 協働的・対話的に学びを深めたいが、"教えてあげる"、"教えてもらう"の関係性になってしまう

このセッションでは、「個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実」を目指す教育の現場においてどのような事例があるのかを紹介し、それが職場での学びにどう活かせそうかを検討します。 例えば、一方的に教える形から個々の学びをサポートする形へと教員の役割が変化する話をアジャイルコーチやスクラムマスターにつなげたりなど、教育指導要領に基づく実践の中で、特に職場の学びにも役立ちそうなものを紹介しながら、その活用を考えます。

また、まだ思考段階でありますが私たちが取り組もうとしている職場での学習方法の実践案もご紹介できればと考えています。

今回チャレンジしたいこと

共同登壇かつ3年くらいいろいろな場所でお話させてもらっている小笠原さんと2人ということもあるので、良い意味で自分の発表では絶対できないようなことができたら嬉しいなあと思っています。

また、共通のコンテキストを持ちながらも二人が考えていることが微妙に違う点を、うまく発表の中に取り込むことで、綺麗にまとまりすぎない発表をしたいなとも考えています。

発表に向けた意気込み

教育心理学関連の勉強会は3年近く参加し続けているのですが、これまでこういったスクラムフェスで教育心理学関連の話を絡めた登壇をしたことはなかったので、楽しみです。

また、スクラムフェス仙台で話をするのも初めてで、仙台に行くのも初めてなので、初めてなことずくしで、今からワクワクが止まりません。

当日がいい思い出になるように、小笠原さんと一緒に頑張りたいと思います。