天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

「アジャイル式」健康カイゼンガイド発売記念:著者座談会に参加してきた

agile-health-kaizen.connpass.com

こちらのイベントに参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

会の概要

アジャイル式健康カイゼンガイド」の著者お二人が座談会形式で、本の執筆に関わるあれこれを話してくれる会です。

会で印象的だったこと

健康というテーマの個別性

普段保健師として働かれている福島さんが、普段は対話を重ねながら一人一人にとっての健康を考えるが、本だとどんな人が読んでいるのか分からないのでどのように説明を構成していくのか考えるのが難しかった、という話をされていました。

その際に、健康は個別性が高いという表現をされていたのですが、この表現が個人的にはすごく腹落ちしました。

執筆の過酷さ

本が出るかわからない不安との戦いや、執筆しながら睡眠を削って本を執筆したというお話、実際に届けたい読者に読んでもらってフィードバックをもらうことができないのでついつい長く書いてしまって書き直ししたというお話、書こうと思っても書けない、思うように筆が進まずに徐々に出版時期が伸びてしまう...本を書く大変さについて様々な話を聞いていきました。

読書が好きなので普段から本を読んでいるのですが、著者の方への感謝の念を改めて感じました。

懸田さんのトラウマ克服

懸田さんはこれまでも本を書いてきたけれど、出してもなかなか売れなかったり、本を出した瞬間に本のテーマが古い技術になってしまったり、自身が出した企画が潰れてしまったり、トラウマを抱えていたというお話を聞いていきました。

しかしそのトラウマは、今回本書を出版したことで20年越しに解消されたということで、会全体を通して一番じーんとくる話を聞くことができました。

筆者の推し部分

懸田さんは、多数の推しがあるということでしたが、特に健康のカイゼンパターンが推しだということでした。また、強迫観念である「〜すべき」「〜は絶対にやらないといけない」といった思考からでは健康のカイゼンは進んでいかないよね、というお話もされていました。

福島さんは、P217のイラストと、自分の現状を把握することができる状態チェック(P78)が推しということでした。(イラストはとても可愛いので、イラストのキャラクターとの対談形式で本を構成することも検討したそうですが、ページ数があまりにも多くなりすぎて断念したということです)

健康法の実践

巷に健康本や健康に関する知識は溢れているため、どれが正しいとかどれがあるべき健康法だとかは正直言えず、自分自身に合ったものを試してみるのがお勧めだというお話でした。

この際、あまり先入観を持たないようにすることや*1、多額の金額がかかるような健康法を避けるのがコツだということです。

他にも、実際に健康というキーワードから連想されるトレーニングや会社についての私見を聞けたりと、面白かったです。

会全体を通した感想

色々な裏話が聞けて楽しかったです。

まだ本は積まれている状態なのですが、懸田さんと福島さんのお二人が協力し合いながら、二人の知識を総動員して本を執筆した様子が知れて、本を読むモチベーションがとても高くなりました。

*1:この人が言っていることなら大丈夫だと考えたり、この方法はなんか怪しいからやめておこう...

エクストリームプログラミングで見える開発風景 - TechBase vol.1に参加してきた

uzabase-tech.connpass.com

こちらのイベントに参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

会の概要

以下、connpassのイベントページから引用です。

ユーザベースはテクノロジー・カンパニーとして「エンジニアリングの力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」を目指しています。この世界の実現に向け、エンジニアの成長はとても大切なテーマ。 これまでも、一人ひとりが持っている個性と可能性を最大限に引き出すため、試行錯誤を重ねてきました。このシリーズはそんな私たちの日々の学びを共有することで、明日のエンジニアリングを少しだけより良いものにしていくための勉強会です。  今回は名著『エクストリームプログラミング』の翻訳者である角 征典 氏をゲストとしてお迎えし、エクストリームプログラミングの哲学や理念についてメインセッションをしていただきます。また、エクストリームプログラミングを実践しているユーザベースの取り組みの紹介とパネルトークもお届けします。

会で印象的だったこと

角さんの発表

スクフェス大阪に引き続き、角さんの発表を聞いていきました。(角さんの話を聞ける機会は滅多にないのに関わらず、2週連続で講演を聞くことができて幸せです)

基本に立ち戻り、XPが生まれた背景やXPの原則、ウォードとケントの話...について、丁寧な解説を聞くことができてよかったです。
どの話を切り取っても印象的だったのですが、コリン・ターンブルの研究(リソースが不足しているとリソースを相手に与えまいと思ってしまい人に優しくできないが、リソースが充分にあると人に優しくなれる)の話を聞いて、相手に対して優しくできないときや自身のエゴが出てしまう時には、自分のリソースが枯渇しているんだろうなあと感じました。

また、角さんの師匠であるという高橋さんの話を聞くことができたのも印象的で、心に響くものがありつつ、エンジニアにとって、常に対話できる相手を持つことの重要性を実感することができました。

また、↓の話もまた聞きたいなあと感じました。

www.youtube.com

野口さんの発表

XPを実践されている野口さんの話を聞いていきました。

XPを実践しているという事例自体が少ないので、非常に興味があって聞いていったのですが、XPの基礎にこだわりつつ、具体的な開発風景の話を聞けて面白かったです。

トランクベース開発やチームシャッフルというプラクティスの紹介に加えて、キーボードの奪い合いやGatherでの全員同席といったチームの日常風景の紹介もしてもらうことができて、実践のイメージもつきやすい発表でした。

Q&A

視聴者からのQ&Aに回答をしてくれました。

XPはコミュニティの盛り上がりと現場の盛り上がりに格差があるんだけど...という話では、プログラマーとそれ以外で格差があって当然だし、無理にプログラマー以外に共感してもらう必要はないのではないか*1という話題が出ていて、この話が後続のQAであったXPの名付けミス*2やケントがXPをそこまで広めるつもりがないという話*3につながってきて、面白かったです。

また、XPの始め方の質問では、お二人とも対話を重視している様子が伺えたのは印象的でした。(お二人とも、始めるならまずはペアプロではないかということでした)

会全体を通した感想

XPについて話を聞けるイベントはかなり貴重なので、今回話を聞くことができて楽しかったです。
TLも久々に見る賑わいがあって、最高の金曜夜を過ごすことができたと思います。

角さんの発表の後に野口さんの具体的な実践事例を聞くことができたのも、とてもバランスの良い構成だったと個人的には感じました!

*1:アジャイルという言葉を使えばいいのではないか

*2:プログラミングという単語を使ってしまった

*3:いいものだから当然みんなやるんだろうという態度

スクラムフェス新潟 #scrumniigata のプレゼンを同時視聴したり、アジャイル系の相談しように参加してきた

distributed-agile-team.connpass.com

今週も分散アジャイルチームの会に参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

会の様子

部署間や人と人との関係性を見つめ直してみるきっかけに

まずは得票数が最も多かった、Akiさんのプレゼンを聞いていきました。

Akiさんらしく、一つ一つのセンテンスが自分に語りかけてくれる感覚が溢れるセッションで、様々な場所で生じる関係性を無理のない範囲で良化させていくためのヒントが得られる素敵なセッションでした。

ゆっくりとした立ち上がりでスタートしたこともあったのか、全然時間が足りずに話す内容が途中で絞られてしまったので笑、おかわりやAkiカンファレンス開催の機運も高まるプレゼンでした。

G.O.O.D Testing is Important for Everyone / G.O.O.D.テストは誰にとっても大切

続いて、ダニエルの基調講演を聞いていきました。

英語1.5倍速はなかなかきつかったですが、同時視聴で皆さんの意見や感想が聞けたことで、当日の記憶を想起させつつ、当日はあまり頭に浮かばなかった視点で講演を捉えることができて、学びの深い楽しい時間でした。*1

testを長らくやってきたダニエルが(ある意味一周回って)辿り着いた答えとして、テスト倫理の話があるというのは興味深いですし、今後はG・O・O・Dの倫理がどのように実装されていくのかというのが、非常に楽しみになるプレゼンでした。

同時視聴し終わった後にも、機械学習周りとの関連話など、様々なつながりを知ることができて、最後まで満足できる時間を過ごすことができました。

アジャイルリーダー視点で考える、我々はなぜ、テストをするのか

最後は、川口さんのプレゼンを聞いていきました。

歴史を遡りながら、「テストはなんで必要なのか?」という根本的な部分に対して向かい合うセッションだったのですが、ここに川口さんのパワフルなトークが組み合わさって、聞いていてワクワクするようなプレゼンでした。

(もちろん人によるので大枠では括れないと思いますが)QA視点の解釈、プログラマー視点の解釈それぞれでテストを捉えることができたのが面白かったです。

会全体を通した感想

今日は長い時間(45分〜90分)のプレゼンを3本聞いていくことで、同時視聴し終わった後の議論含め、どっぷりと濃密な時間を過ごすことができました。

個人的には、今日は同時視聴の旨味をいつも以上に享受できた気がして、印象的な会でした。

*1:具体的には、プレゼンの効果的な構成について考えられたり、アイデアの実装についての難しさなどの視点を学べることができました

大人のソフトウェアテスト雑談会 #112【たこ焼き】に参加してきた

ost-zatu.connpass.com

今週もテストの街葛飾に行ってきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

cloudflare障害

Twitterを賑わせていたcloudflare障害について話をしていきました。
NotionなりSlackなりDiscordなり、諸々のツールが落ちていて皆さん仕事に影響があったようですが、迅速な復旧はすごかったという話をして盛り上がっていました。

カメラのお話

eroccoさんがカメラを買おうとしている話を発端にして、ITのスペシャリストなのにカメラがぼやけて見えていたり、マイクの音質が悪かったりするのでは信頼してもらえないよね、という話を聞いていきました。(そこから派生して、他分野のエキスパートのZoom背景がすごかったという話も聞いていきました)

顧客の特性に合わせて背景色や背景写真を変えたりするという話を聞けたのは、今後自分も実践してみようと思いました。

カメラの話は、森さんがさすがすぎました笑

Zoom背景

TommyさんがZoom背景を変えていて、森さんになりすましをしていたのですが、これがめちゃくちゃ面白かったですww
森さんも対抗して技術力を(?笑)見せつけてきて、新たなZoom芸を学びました。

モバイルアプリのテスト

テストの街葛飾にいる方々をよく見ると、QAの方々が出揃っているというお話から、モバイルアプリのテストで持っておくと良い観点の話や、読んでおくとよい本等々を聞いていきました。

  • 電波を弱くする(アルミホイルでの遮断)観点でのテストをよくやる
  • アプリの画面が見切れないか?はOSや機種のスコープを決めておくことが重要。全部の機種やOSをテストしようとするととんでもない量になる
  • 如何に諦めていく観点を作るのか?というのも重要
  • 上記に関連して、そもそも見切れが起きないようなデザインを考える
  • OS固有の動きを確かめるために、デバイスを複数セットしてテストする
  • 重要なステークホルダーには新しめのOSを渡しておいて、最新版で触ってもらうようにする

また、本(筆者)としては以下の紹介がありました。

www.amazon.co.jp

techbookfest.org

全体を通した感想

森さんのScrapboxにおおひらさんのページが作られたり、Tommyさんが天才的なボケをしていたり、熟練QAの方々からモバイルアプリのテスト観点やおすすめ本、モバイルアプリのテストにまつわる裏話を聞くことができたりと、いつもに増してカオスな会でしたが、参加者も多くて、とっても楽しかったです。

モバイルアプリのQA観点について知識を仕入れることができて、個人的にもとてもありがたい会でした。

JaSST nano vol.13に参加してきた

jasst-nano.connpass.com

久しぶりにJaSST nanoに参加してきたので、会の様子と感想を書いていこうと思います。

会の様子

コンカレンシーテストって何?調べてみたの

コンカレンシーテストの概念*1や、重要である背景、コンカレンシーテストがなかなか広まりにくい理由...一からコンカレンシーテストについて話を聞くことができるセッションでした。

自分自身は、コンカレンシーテストについて、単語だけは聞いたことがあるくらいのレベルでしか理解できていなかったので、学びが多いセッションでした。
シラバスの方も確認してみようと思います。

はじめてのバグバッシュなの

バグバッシュを実際にやってみて起きたことや、得た学びについて話を聞いていきました。
バグバッシュはめちゃくちゃ楽しそうですし、全員がそれぞれの得意領域を軸にして意識的にプロダクトを壊す時間を作れるのは、プロダクトの品質向上に有益なプラクティスだなあと改めて感じました。

ソフトウェアレビュー研究結果を実践に活かしてほしいの

レビュー観点をどのように考えると効果的か?というお話で、以下のような観点が挙がっていました。

  • 作成者のコンテキストから考える
  • 利害関係者の関心ごとから考える
  • プロダクトリスクから考える
  • 対象の成果物に求められる事項から考える
  • 対象の成果物に発生する典型的な欠陥から考える
  • 利用シナリオと状態遷移図から考える

どの観点も面白かったのですが、ただ観点を提示して終わりではなく、実際にこの観点を利用してどれくらい不具合を洗い出すことができたのか?というところまで言及されていたのが、非常に面白かったです。

こうして論文で研究した成果と現場での実践の橋渡しをこのように取り組まれてくださっているのは本当にありがたいことですし、もらった知識は自分自身もどんどん現場で活用していきたいと感じました。

「もうQAはいらない」ってホントなの?

完全無欠なドリームチームでないからこそQAが必要だというお話や、QAは品質を保証しないという話、みんなでプロダクトの品質について考え抜いて納得感を共有するようにしていくことが重要だという話など、重みのあるメッセージを一つ一つ西さんの言葉で伝えてくれました。

製造業とソフトウェアの違いなど、納得感がありつつも自分の頭で考える余地を残してくれるような問いかけを幾つもしれくれたのも印象的で、とっても楽しく発表を聞くことができました。

テストの街葛飾が発表の導入で使われていたのは笑いましたw

全体を通した感想

久々の参加でしたが、濃厚な発表を4つも聞くことができてよかったです。

単に知識が増えただけではなく、実践したくなるような話や、自分で考えたくなるようなテーマが多い、素敵なイベントでした。

*1:同時処理に着目したテストで性能テストの一部。原因が非常に突き止めにくい

スクフェス大阪の登壇について改めてふりかえり

先日の記事で書いたように、スクフェス大阪の札幌トラックの基調講演枠で登壇してきました。

speakerdeck.com

前述した記事ではふりかえりもして、スクフェス大阪の話は一区切りにしようと思ったのですが、今日改めて自身の登壇中のログを見返していて、登壇が決まってから登壇し終えるまでの感情や感謝の気持ちを言葉にしておきたいなあという気持ちが強くなったので、言葉にしておこうと思いました。

ドラフト会議で指名されるまで

プロポーザルを出した時から、スクフェス大阪でもし発表できるとしたらどの地域で発表することになるのかは、自分にとって大きな関心事となっていました。

昨年のスクフェス大阪は、

  • コミュニティ活動をし始めてから半年ちょい位で参加したのでまだ各地域との繋がりが薄かった
  • 初めてセッションの登壇をしたカンファレンス*1だった

だったので、どの地域で登壇するかへの関心はそこまで大きくあリませんでした。

しかし、この1年では様々な地域との接点を持つことができ、ほぼ全ての地域について、登壇することになれば何かしらの特別な感情が湧くような状態になっていました。
これまで開催されたフェスで登壇の機会をもらうことができた大阪/三河/新潟/札幌、イベントでたびたび一緒になる顔見知りの方々がトラック運営に携わっている品川/栃木/京都、昨年のスクフェス大阪で登壇した金沢、RSGTの懇親会でフェスが立ち上がる場に居合わせていた仙台/福岡*2と、いろいろな地域に対しての思い入れができていたのです。(一方で、繋がりがまだあまりない広島/四国/鳥取のトラックの方々とこのタイミングで繋がりを作りたいと言う思いもかなりありました)

そんな中、ドラフト会議の日を迎えました。
当日は用事があったのでリアルタイムで参加することはできなかったのですが、自分がどのトラックになったのかはずっと気になっていて、そわそわしていました。

そして、結果を見た自分は、思わず大きな声が出てしまうくらいの驚きと、心がじわっと熱くなるような嬉しさを同時に感じました。
札幌トラックで一番最初に指名をされていたからです。

スクフェス大阪に限った話ではないですが、今回は本当にいいプロポーザルがたくさん集まっていました。
自分よりも実績がある方々のプロポーザルだったり、新規性があり興味をそそられるようなプロポーザルだったり、採択されれば盛り上がること間違いなしと言っていいようなプロポーザルは数えきれず、自分自身もたくさんのプロポーザルにlikeを押していました。

それにも関わらず、ドラフト一位という順番で選んでもらえたのは、正直思ってもいなかったですし、本当に自分でいいんだろうか...?と言う不安も確かにあったのですが、それを遥かに超える嬉しさがありました。

更に、基調講演枠(90分セッション)でお願いしたいということにも更に驚きと嬉しさを増幅させました。
フェス自体のkeynote枠とは全然意味合いが異なってくるとはいえ、基調講演枠や90分セッションで登壇されている方は、自分が雲の上の存在に感じている方々ばかりで、自分がそのような枠で話すのはすごく順調にことが進んで5年後くらいだと想像していたからです。

こうしたこれまでに感じたことのない感情が、自分のスクフェス大阪のスタート地点でした。

登壇するまで(準備期間)

こうした特別な思いがあったこともあり、準備にはかなり苦心をしました。
元々、今回のプレゼンは読書ノートをベースにすればいいからそこまで準備しなくてもできるかな、と考えていたのですが、その前提を頭から消し去り、参加してくれた人が来て良かったと感じられるようなプレゼンが今の自分の力でどうしたらできるかを、頭が痛くなるほど考えました。そして、何よりも、自分が心から楽しいと思えるプレゼンがどんな形になるのかを、考え続けました。

今までのプレゼンスタイルやこれまで信じてきたことも一度全部捨てました。

だいぶ迷走した結果スライドが爆発したり、一からの作り直しも何回も発生したのですが、不思議としんどさは感じませんでした。
登壇の準備をしている際は、

  • 45分のセッションを初めてしたのがつい最近の自分が90分話しきれるのか
  • 何の学びもない薄いセッションになってしまわないか
  • 自分だから話せるような内容になっているのか
  • 他の90分枠や基調講演枠と比べて明らかに見劣りするような内容にならないか

等々...スライドを作りながら不安に思うことは多々あったものの、そうした時はアジャイル札幌のみなさんや発表を楽しみにしてくれている方々の存在が脳裏に不思議と浮かび、いつの間にか不安が吹き飛んでいました。

自分はネガティブに考えることも多いので、登壇前の準備はそんなに楽しめないことが多く、プロポーザルを書かない方がよかったかな...と思ってしまうことも割とあるのですが、今回は登壇を待ち遠しく感じる時間の方が圧倒的に長く、6/18が近づくにつれて毎日がわくわくするような不思議な経験をしました。

登壇

プレゼンしていて楽しかったですし、時間を重ねるごとにエネルギーが充電されていくような感覚があり、最高の90分間でした。
ただ、90分間はやっぱり長かったですし、終わった後の疲労感も尋常ではありませんでした笑

大量のトラックが並行している上に、土曜の午前に行う90分セッションということで、参加人数が少なくなり、自分が考えていたインタラクティブなセッションができないんじゃないかという心配をめちゃくちゃしていたのですが、登壇中はたくさんコメントもいただけて、みなさんと一緒に楽しくプレゼンすることができました。
いつも通り緊張もしましたし、言おうとしていたことが飛んだりして、こんなプレゼンで大丈夫なのかな...?と不安になる場面も何回かありましたが、みなさんが楽しんでくれている様子がZoomの画面やDiscordのチャット上から見えて、勇気をもらえました。

思い入れが強かった分、こうした方が良かったかなあと言う反省点は多かったり、参加者の行動変容につながるようなセッションができたのだろうか?という不安がいつも以上に強かったりはするのですが、こうして発表できたことをとても幸せに思っています。

一生忘れないであろう、不思議な90分間でした。

おわりに

たくさんの方々に支えられて、とっても太い経験ができたことを心から感謝したいです。
今回以上のプレゼンができるように、これからも精進していくので、引き続きよろしくお願いします!

*1:初めて人前で発表したと言う意味だと、LTで話したふりかえりカンファレンスが最初でした

*2:発起人の天野さん松崎さんとは懇親会でもRSGTの会場でも楽しくお話をしました

スクフェス大阪2022のスライドを公開しました

昨日発表してきたスクフェス大阪2022のスライドを公開しました!

speakerdeck.com

一覧

読み始める前の準備

1. 本を読む目的を整理する
2. 本を読んだ後に自身に問う質問を作る
3. 状況整理
4. 読書環境の設定

読む本を選ぶ

5. 大学で使われている本を探す
6. 翻訳されている本を探す
7. 専門家や有識者がお薦めしている本を探す
8. 説得が少ない本を探す
9. 長く読み続けられている本を探す
10. 他の本からリンクされている本を探す
11. お気に入りの著者が書いている(翻訳している)本を探す
12. 大きい書店や図書館に行って、自分が好きな本の周りにある本を選ぶ
13. その分野で一番簡単な本を探す

本を読む(挫折を防ぐ)

14. ABD
15. 読書の様子を外部公開
16. 聴読
17. 戦略的撤退
18. 写経
19. 飛ばし読み
20. 読書会
21. 重要な2割を探す(パレートの法則)
22. サマリから読む
23. 筆者のファンになる
24. マインドマップ
25. 10分読書
26. フラクタルに読む
27. とっておきの場所で読む
28. 買い漁り
29. 主語と述語だけ読む
30. 愛読本を用意しておく

本を読む(得られる学びを増やす)

31. 読書画
32. 批判的に読む
33. キーワード駆動
34. 知識構成ジグソー法
35. 音読
36. 類似テーマの本を並行して複数読む
37. 内容予想
38. 質問への回答を作る
39. ランダムに開いた所を読む
40. 要約

ふりかえり

41. YOW
42. 明日から変える行動を探す
43. 読書感想文
44. プレゼンテーションする
45. ビブリオバトル
46. 読書日誌をつける
47. 読んだ本を過程の一つにする
48. 読まなくてよかった章の分析
49. 感情の変化をふりかえる
50. 読書法について会話する

注意点

  • 速読についての言及はないです
  • スライドの順番に意味はないです(若いスライドほど重要だと思っているとかはないです)

裏スライドについて

一旦他の優先順位が高い作業を片付けてからにはなりますが、今回のスライドを作る過程で生じた、裏スライド(1,000枚越えだった時代のスライド)を公開することを今の段階では検討しています。

内容としては大差はなく、順番が違ったり今よりも表現が稚拙だったりするので、あまり公開する意味を感じていなかったのですが、元々のスライドを見てみたいという声がなぜか多かったので笑、公開したくないスライドがないかを一通り見直しして、そのうち公開しようと思います。