天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

大人のソフトウェアテスト雑談会 #98【靴】に参加してきた

ost-zatu.connpass.com

今週もテストの街葛飾に行ってきたので、会の様子と感想を書いていきます。

破壊をしてくる朝ドラ

最近の朝ドラは既成概念をぶっ壊していこうとしている模様で、ヒロインの周りが次々と死んでいったり、とにかく絶望的なストーリーになっていたりと、これまでの朝ドラとは全然違う展開になっているというお話を聴いていきました。

エンジニアに対して理解がない人への対処法

色々な方法が紹介されていましたが、言える範囲の所だと笑、間に人を入れるという方法が紹介されていました。

エンジニアというラベルやXXさんというラベルを貼られてしまうと、エンジニアが言っているならどうせ、XXさんが言っているならどうせ、という話になってしまうので、直接会話をしていくのではなく、エンジニアのことを分かっている人を挟み、その人を通して会話していくのがいいのではないか?というお話でした。

仲間づくり

社内の仲間づくりで、人は自分が危機に陥ると同質な人を集めようとするけれど、それは危険な傾向で、後ろ向きな人や足を引っ張ろうとする仲間ばかりを集めてしまう可能性があるというお話を聴いていきました。

カジュアル面談でブログの紹介

errocoさんがカジュアル面談でこのブログを紹介してくれたということですが、紹介の仕方が秀逸で、自分自身が学びになりました。(((具体的に言うと、学び方の一つのオプションとして紹介してくれた上で、そういったオプションを幾つも持っておくことが重要だという話題と併せて紹介をしてくれました))

悲観主義と楽観主義

とにかく前向きラジオの話から、心理学的に楽観主義と悲観主義についての見方の一例について紹介がありました。

防衛的悲観主義だと病気になってしまうリスクが高いというデメリットはあるものの、悲観的主義であるからこそ成功する可能性があるというお話や、楽観主義と悲観主義の人がタッグを組むことで仕事が進めやすくなるという話など、葛飾らしい面白い話が聴けてよかったです。

悲観主義やネガティブを、過度に悪い方向に捉えないように意識していきたいです。

全体を通した感想

今日は心のNDAを結ぶような?リアルな話が多かったので、ブログに書けることは少ないですが楽しかったです。

コミュニティでは、きらきらした成功事例や見事なサクセスストーリーではなく、世間のリアルな姿を聴きたいという話をよく聞くので、そういった方々は是非テストの街葛飾をおすすめします(唐突な宣伝)