天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

生物

「理不尽な進化」を読んだ

理不尽な進化 増補新版 ――遺伝子と運のあいだ (ちくま文庫)作者:吉川 浩満筑摩書房Amazon こちらの本を読んだので、印象的だった部分について感想を書いていこうと思います。 運と遺伝子の絡み合いによって生み出される理不尽さ 適者生存が示す意味 経験的=…

バイアスや偏見をなくす難しさ

毎週火曜日のお昼は分散アジャイルチームが主催している、下記イベントに参加しているのですが、今週読んだ箇所で、いつもに増して面白い学びがあったので、今日はこの学びについて書いてみようと思います。 平日の昼から学びがある楽しい場を作ってくれる、…

「誘惑される意志 人はなぜ自滅的行動をするのか」の勉強会に参加した

educational-psychology.connpass.com kawagoiさん主催の勉強会(読書会)に参加してきたので、感想を書いていきたいと思います。 勉強会の概要 参加したきっかけ 勉強会で読む本に対しての興味 kawagoiさん主催の勉強会が気になった エキスパート活動 ジグソ…

「アリ語で寝言を言いました」を読んだ

アリ語で寝言を言いました (扶桑社新書)作者:村上 貴弘発売日: 2020/07/02メディア: 新書 「アリ語で寝言を言いました」を読んだので、感想を書いていきます。 読んだきっかけ 読んだ感想 想像を遥かに超えたアリの奥深さ 村上先生の文才が凄い アリや村上先…