天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

大人のソフトウェアテスト雑談会 #113【梅雨明け】に参加してきた

ost-zatu.connpass.com

仕事の報酬は仕事?

仕事が楽しいかという話から、「仕事の報酬は仕事」というパワーワードが登場しました。
個人的な話だと、つまらない仕事でも小さく成果を出していく中でより面白い仕事ができた経験があるので、納得感はあるお話なのですが、常に全員がわくわくするような仕事ができる環境があるのも理想だよなあという気持ちもありました。

変な頑張り方

電力が逼迫しているという話から、冷房代をケチったりフロアの電気を消したり執務室を消灯したりして、ビジョンレスな頑張り方をしているよね、というお話をしていきました。
電力を節約した結果仕事の効率が落ちたり、冷房をつけないようにした結果倒れてしまって病院に運ばれてしまったり、節電ポイントの施策を考えるためにお金を使ったり...の弊害も多く、難しい話だなあと感じました。

三島行脚

Ryoさんが、名前も知らない人に(仕事ではなく)インタビューするために三島に行くことにしたという話を聞いていきました。

迷った時はワイルドな方にいけ!という発想にしたがっているということですが、さすがにワイルドすぎて驚きましたw
祖母が三島なので、さわやかハンバーグの話を聞いたりうなぎの話を聞いたりして、三島が恋しくなりました。

事故

山本さんが事故に遭った(幸いにも怪我はなかったということです...)ということで、当時の体験や、事故に遭った時の状況、事故に遭った後の対応...を詳細に聞いていきました。
咄嗟の出来事に対して冷静に判断された山本さんの凄さを感じると共に、本当に無傷でよかったなあと心から思いました。

ここから話が転じて、仕事で事故ってるのに事故じゃないと思っているパターンの話*1や、フレーキーテストが起き続けて事故慣れしてしまった結果アラートを見逃すようになってしまうという話、system-emergencyチャンネルで数分に一度通知が飛びまくってインシデントを無視してしまう話など、仕事における事故に関連した話が聞けて、勉強になりました。

全体を通した感想

今日は8個目のイベント参加だったので少し疲れていましたが、葛飾の空気で無事に癒されることができました。

普通に生活していると聞けない突拍子もない話がいくつか聞けたのも印象的でした。

*1:派遣先の人に対するクレームがずっと続く...