天の月

ソフトウェア開発をしていく上での悩み, 考えたこと, 学びを書いてきます

分散アジャイルチームでスクフェス大阪のプロポーザルを考えてもらった

distributed-agile-team.connpass.com

今日も分散アジャイルチームが主催している上のイベントに参加してきました。
今日のOSTでは、なんと自分のスクフェス大阪のプロポーザルを考えてもらったので、その話を書いていこうと思います!*1

スクフェス大阪のプロポーザルを出してもらおうと思ったきっかけ

スクフェス大阪しかり、フェスやイベントで登壇するのはまだ先になるのかなー(話せるネタがない)と正直思っていたのですが、前回の分散アジャイルチームの会で、及部さんから「なんでブログを書いているのかとか、なんでコミュニティに参加するようになっているのかという話を聴いてみたい!」と言ってもらえたのが、そもそもプロポーザルを出してみようと思ったきっかけです。
また、もしかしたら自分がスクフェス大阪で話すことで、コミュニティだったりに感謝を伝えられる可能性があるのかもな、とも思いました。

分散アジャイルチームでプロポーザルを書こうと思ったきっかけ

まずは一人で書こうと思ったのですが、どんな話を書くとよさそうなのかが中々思いつかず、一からプロポーザルを書くにはどうすればいいのか、ということも全然分からなかったので、モププロ*2して書いてみるのが良さそう、という結論になりました。
たくさんのコミュニティの方々にお世話になっているので、モブプロする場所についても悩みましたが、登壇の熟練者方がたくさんいる&一番自然体で落ち着いて話ができそうなコミュニティということで、分散アジャイルチームでプロポーザルを書いてもらうのを助けてもらおうと思いました。

プロポーザルを書いてみて

きょんさんに口頭で色々とヒント&アドバイスをいただきながら、テキストチャットで皆さんから書面で色々とヒント&アドバイスをいただきました!
以下に、印象的だった(参考になった)ことを箇条書きで幾つか挙げていきます。

  • サブタイトルに数字を入れて、メインタイトルには、このセッションを聴くと何が変わるかを入れると良い
  • 自分の言葉で、楽しそうに話せる様子が見れるような話が聴きたい
  • 他の環境との違いにフォーカスして、なんでその違いが生まれるかを書いてみると面白い
  • 参加者が自分事と捉えられるポイントがあると良い(Outcomeを参加者が得やすい)
  • 自分が過去に書いてきたブログを見ると、どんな言葉を使ってきているのか、どんなことを伝えたいと思ってているかが分かる

プロポーザルを考えてもらった感想

書いたことないしまずは皆さんの意見を聴いてみようという発想だったので、やや丸投げ過ぎたのではないかという大きな反省はありましたが、多数の意見をもらったり、こんな話が聴きたいなあと教えてもらったり、きょんさんのプロポーザルを考える時の思考の仕方に改めて触れられたり*3、とにかく楽しかったです。
書けそうな感覚がするところまできたので、土日にプロポーザル提出にチャレンジしてみようと思います。
時間があんまりないのが気がかりですが(笑)、あとは書くだけなので頑張ります!

*1:ちなみに、プロポーザルを考えてもらった後は、東京大学FoundXの動画ユニコーン企業のひみつの感想戦をしていきました

*2:モブ・プロポーザル

*3:以前きょんさんがnoteで配信されていたプロポーザル作成する風景は見ていたのですが、今回また新たな発見がありました